ホームページ作成

ワイヤーフレームを作成する理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ワイヤーフレームを作成する目的

ホームページ作成はいきなり行うものではなく、トップページと主要なページのデザインを作成してその承認をいただいてから実際の制作作業を行います。

そしてこの作業は、お客さまが思うよりもかなり大切なものになっていて、実際にブラウザで見て見ないと分からないというのは理解できるのですが、しかし、ブラウザチェックをしてもらうにはコーディングが必要になってきます。

そしてこのコーディングについては、実はコーディング段階での修正はあまり推奨しておらず、コーディング段階で修正することで、弊社の労力も向上しますし、さらにはドンドンソースコードが煩雑になっていきます。

そのため、効果を落とさないためには、確実に決定した内容でホームページ制作を行うことが大切になっており、今回は、このワイヤーフレームを作成するメリットなどについてご紹介をいたします。

ワイヤーフレームを作成する理由

なぜワイヤーフレームを作成するのか

まず弊社は、SEOに強いホームページ作成会社として営業を行っており、このSEOに強いホームページ作成は、基本的にはホームページ運営が大事だと思っている方も多く、実際にその通りであることは間違いがないのですが、しかしホームページの作り事態も重要になっています。

このホームページの作りとは、基本的には、サイト構成がよく言われますが、しかし最も大切なのは、ホームページのソースコードの書き方になってきます。

どういうことかというと、基本的には、このソースコードの書き方を最適化することで、検索順位は大きく向上いたします。

具体例として、弊社のホームページになるのですが、現在は狙ったキーワードすべてで1ページ目にランクインしているのですが、このランクインする前はある特定のキーワードで検索順位が7位という順位でした。

そしてホームページ制作をあまりSEOに精通していない人が行った結果、検索順位は確かに一定化され、全体的に15位程度まで落ちたということがあったのです。

このようにソースコードをしっかりとグーグルの検索システムを理解したコーダーがホームページを制作することで、その効果は飛躍的に高まり、逆に知らない方がコーディングを行うとその労力は一気に倍増するものになっています。

そして基本として、ホームページ制作会社は、もちろんホームページの状況や御社の状況に合わせたコーディングを行っており、これらを徹底して行うことで、本当に成果を出せるようになります。

そのため、弊社ではコードの質も非常に大切だと考えており、このコードの質を最大限高めることで、御社のホームページは期待以上の成果を生み出すのです。

ワイヤーフレームで内容を定める

内容を固める

もちろん内容を変えるのが悪いという意味ではないのですが、実際にデザインやワイヤーフレームで確認できることを確認して、ソースコード段階になった時はほとんど手を加えないことで、本当に成果を出せるようになります。

どういうことかというと、例えばあるページを作成して制作段階でやっぱり内容を変えてほしいと相談されることがあります。

もちろん本当に必要であれば、弊社でも対応することが一般的なのですが、しかしその内容の改定については、何度も行っていると、次第にソースコードを書き直すというよりも追加するということが発生するのです。

これは非常に大きなデメリットになっており、基本的にはグーグルはページを認識するのがソースコードになるので、使われていないソースコードがあった場合は当然無駄な認識が必要になったり、さらにはできる限り綺麗なコードで書かなくては、グーグルの認識力が落ちてしまう恐れがあります。

そして認識力が落ちると結果にも大きな影響を与えるものになっていて、しっかりとこれらを対策建てていくことで御社のホームページは飛躍的にその効果を高めることが可能なのです。

そして基本としてこれらをしっかりと行うことは重要になっていて、そのため弊社ではワイヤーフレームを作成して、コーディング段階の修正を、さらに言えば手間のかかるデザイン段階での修正を最小化しております。

ワイヤーフレームは分かりづらい

ワイヤーフレームは分かりづらいがしっかりと確認

そして最後にワイヤーフレームは、基本的にはデザイナーが作成するあるいは営業マンが作成をしております。

そして多少分かりづらいものになっているのですが、この改定作業はデザインで作成することよりも非常に簡単に行えるものになっていたり、さらにはホームページの品質に影響を与えないものになっています。

この品質に影響がないというのがワイヤーフレーム作成の目的といっても過言ではなく、コーディング段階での修正が多ければ多いほど、さらにはその改定内容が大きければ多いほど、ソースコードは煩雑なものになるのです。

そのためホームページ作成会社は、基本として、ワイヤーフレームの作成をして、その承認をいただいてから、ウェブデザインの作成、そしてその承認がいただけたらコーディングを行うようにしております。

これらを徹底して行い続けることで、御社のホームページ作成は成功することが可能になり、期待以上の成果を生み出せるようになるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加