ホームページ作成

当社の強みコンテンツの在り方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
当社の強みの在り方

当社の強みというページを作成された方は多いのではないでしょうか。

このコンテンツは〇〇の強みや〇〇についてなどのコンテンツとして表示されているものになっていて、実は少し前になりますが、非常に効果的なコンテンツになっていました。

どういうことかというと、基本的にはこれらのコンテンツを見てもらうことで御社の強みや特徴をユーザに適切に見せることが出来ていたのですが、しかし現在ではあまり制作されることがなくなったものになっています。

そこで今回は、当社の強みコンテンツの在り方についてご紹介をいたします。

当社の強みコンテンツの在り方

当社の強みコンテンツの在り方とは

当社の強みコンテンツの在り方はかなり劇的に変わったと言っても過言ではありません。

弊社のホームページはスマホ対応のためにレスポンシブ化だけのためのリニューアルをしており、ページ構成や原稿は10年前と変わりがないものになっています。

当社の強み|ホームページ作成 大阪|株式会社セブンデザイン

こちらが弊社の強みコンテンツになっており、ここの弊社の特徴を記載しているのですが、実はこの作り方はまさに10年前の制作法になっており、現在はほとんどこのような作り方をしないことが一般的です。

どういうことかというと、基本的に現在主流になるのが、この強みはすべてのページの原稿に含めることが一般的で、これらをしっかりと打ち出すことでホームページは成功するのです。

一般的に現在のSEOで言えばですが、コンテンツの質がと言われることが多いのですが、このコンテンツの質とは何かというと、その会社の特徴をしっかりとすべてのページで打ち出していることを言うのです。

そしてこの強みをすべてのページで打ち出すことが本当に効果的になるのですが、なぜそのように言われるようになったのでしょうか。

それは従来のホームページ制作はユーザはコンテンツを作成していることで、そのページを見てくれるという風に考えていたためであり、特徴は特徴のページに記載をしていくことで、そのページを見てくれると信じられていました。

しかし、現在のホームページ制作はそのようなことはなく、ユーザはもちろんトップページが最も流入数の多いページになるとは思いますが、しかし、半分以上が中ページから訪れるものになっていて、それらのユーザはトップページを経由せずお問い合わせなどを行ってくれるのです。

そして、当然これらの強みページを作成していても、そのページを見てくれなければまったく意味がないものになってくるので、現在のホームページ制作ではこの強みをすべてのページに打ち出すことが一般的になりました。

昔制作したホームページはどうすれば

昔制作したホームページはどうすれば良いか

そこで問題になるのが、昔に制作してそのようなコンテンツがあるホームページはどうしたらいいのかになると思います。

この場合は、単純にそのコンテンツを残して、ホームページの原稿をリライトするのが良いでしょう。

もちろん全ページのリライトが終わればこれらの強みコンテンツを削除することがお薦めですが、実際にこれらのコンテンツは他のページとの整合性もあるので、ホームページ制作会社に削除依頼をするのがお薦めです。

そしてこの原稿の差し替えまでをホームページ制作会社に依頼するのはコスト面を考えると辞めたほうがよく、ある程度ワードプレスの利用法やHTML更新を理解するだけで、これらの更新自体は行えるので、自分で行うのが良いでしょう。

これらをしっかりと自社で行えることは自社で行い、できないことはホームページ制作会社に依頼することで、御社のホームページの成果は飛躍的に高まり、期待以上の成果を得ることが可能になるのです。

全ページに強みを打ち出すために

全ページに強みを打ち出す

強みコンテンツを作成する場合にはそのページを見てもらえなければ意味がないと理解をしたら、すべてのページに御社の特徴を打ち出していきます。

その時に大切なのが、がむしゃらに行うのではなく、しっかりと計画を立ててからページ作成を行うといいでしょう。

どういうことかというと、それぞれのページに対して御社がどのような特徴を打ち出していくのかが大切になっています。

そしてこの特徴をしっかりと打ち出すことで、御社のホームページ全体でどのページから集客ができたとしても、そしてどのページに移動したとしても御社の魅力をユーザに伝えることが可能になります。

さらにグーグルは質の高いページを評価していると言っており、この質の高さというのは具体的に何になるのかと考えたことはないでしょうか。

この質の高さとは、そのページの内容に対して御社の特徴をしっかりと打ち出していることであり、そうすることで、それなりの原稿料や画像の利用になるのですが、これこそがグーグルが評価するポイントになっているのです。

現在のSEOについては結構そのページのタイトルが大切や、検索ユーザの意図を理解することが大切だと言われることがあるのですが、そんなことは一切なく、しっかりとユーザにとって魅力的なページを作成し続けることが重要なのです。

そうすることで検索エンジンはもちろんですが、そのページに訪れたユーザにとっても本当に魅力的なコンテンツになり期待以上の成果を出せるようになるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加