ホームページ作成

低品質なサテライトサイトはあまり意味がない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
価値のないサテライトサイト

ホームページ制作をしていると必ず出てくるのがSEOで、このSEOには2つのポイントがあり、まず一つ目がページ作成そしてもう一つが被リンクになっています。

このページ作成と被リンクにおいては、基本的には自社でしっかりとページを作成していくことで、自然と被リンクが集まるのが最も良い対策になっているのですが、実際にこの被リンクを集めることは本当に難しいものになっております。

そのため、この被リンクをどのように集めるかを考えたときに最も手っ取り早いのがサテライトサイトの制作になっており、このサテライトサイトを制作することで、ホームページのSEO効果は最大化するのです。

しかしこのサテライトサイトの制作においてはいくつか問題点があり、それは低品質の場合は無効化される点になっております。

そこで今回は低品質なサテライトサイトは意味がないという点についてご紹介をいたします。

低品質なサテライトサイトとは

低品質なサテライトサイトとは

低品質なサテライトサイトとは、闇雲に作られたサテライトサイトのことを言い、例えば原稿がまったく意味をなしていないや、更新がほとんどされていない、さらにはページの量が少なすぎる、被リンクの数が多すぎるなどのサテライトサイトのことを言います。

このようなサテライトサイトは昔は主流になっていたのですが、現在ではあまり見る機会も少なくなっており、その理由は現在のグーグルはこのようなサテライトサイトを無視しているためです。

このようにサテライトサイトにおいては上記のような低品質というのは意味がないと考えてよく、しっかりと作り込んだサテライトサイトこそが本当に成果の出るものになっているのです。

一言でサテライトサイトと言っても、非常に複雑なものであるのですが、しっかりと低品質ではなく、普通あるいは行為品質なサテライトサイトで制作して初めて意味を成すと理解をしていく必要があります。

被リンクの数に注意

被リンクの数

基本的にはこのサテライトサイトにおいては、せっかく記事を書くのであれば1記事あたりたくさんのリンクを張りたいと思う気持ちは分かります。

しかし例えば1ページのSEO価値が10点だった時に、1つの被リンクを行うことで、2点が譲渡されるというように、ページ単位でリンク数が多いとすぐにそのページの点数はなくなりますし、さらには被リンク1つ当たりの価値も弱まっていきます。

このように基本としてはサテライトサイトにおいては、被リンクの価値が非常に重要になっているので、基本的には1ページに1つの被リンクとするのが良いでしょう。

そしてホームページ単位で見たときにあまりに被リンク数が多いのは問題で、数百程度であればこれまでの経験上問題が起きたことはないのですが、数千、数万であるとグーグルはスパムであると認識する恐れがあるのです。

そしてスパムと認識されてしまうと、そのホームページからの被リンクはすべて無効化されてしまうので、その効果は飛躍的に弱まっていくのです。

そのため、サテライトサイト制作においては、更新ページ数よりも被リンク数の方が少なくなるように設定しなくてはならず、これらをユーザ目線に立ってしっかりと対策を行うことで、期待以上のサテライトサイトになるのです。

ページ数と更新

ページ数と更新

もっとも大変なのがこのページ数と更新になっております。

基本的にはページ数が少ないと被リンクを行っても被リンク元のSEO価値が低いので意味がないことや、さらには更新がされていないと少しずつSEO価値が下がっていき、当然SEO効果も弱まるものになっております。

これは非常に大きな問題になっており、基本的には永続的に効果が持続することが求められていますので、しっかりと対策を立てなくてはならないのです。

そこで弊社では最初に20記事を取り敢えず作成して、そこから1年分の予約投稿を行っております。

この予約投稿は本当に大変で、当記事もそうなのですが、予約投稿をしているので、実際に作成しているのは、2021年4月になっております。

どうせ被リンクを張るのであれば、当然すぐに被リンク数を増やしたいと思いますが、しかしとりあえずは更新量をキープしなくてはならないので、そこは我慢をして予約投稿とすることが大切になっています。

そしてこれらを徹底して行うことで御社のホームページは一気にその効果を高め、期待以上の成果を得ることが可能になるのです。

サテライトサイト制作は相当気合がいる

サテライトサイト制作は気合

そして基本的には弊社は大阪のホームページ制作会社になりますが、一般的には広報担当者がいる企業さまは少なくどちらかというと、営業の方や事務の方が兼任して行われていることが多くあります。

そしてもし広報担当者がいらっしゃる場合においても、ウェブだけというのは珍しいく他のことも行いながらというのが多いので、実はそれほど多くの時間をさくことができないのです。

そのため、サテライトサイトを制作したとしても、実はそれほどの時間をさくことができないので、生きたサテライトサイトを制作している会社さまは比較的少ないように思われます。

基本的にはサテライトサイトにおいても、闇雲に運営していても効果を出すことができませんので、しっかりと対策を立てて行う必要があり、これらを徹底していくことで、ホームページの成果は最大化していきます。

現在サテライトサイト制作をご検討の方はぜひこの機会にサテライトサイトについて再考をしてしっかりと運営ができるかを検討してみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加