SEO

質の低いページへのnoindex

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
質の低いページへのnoindex

ホームページ制作を行って、質の低いページを発見したらどうしているでしょうか。

この質の低いページとは基本的には目視ではなく、グーグルサーチコンソールのデータからクロール済み-インデックス未登録のページを改善することになるのですが、この質の低いページに対しての対策は実は多少のリスクもあるのです。

どういうことかというと、この質の低いページはグーグルが質が低いと思っていると判断をしてページ削除などを行ってしまうと、ホームページ全体の検索順位が落ちることがあるのです。

そのため、このnoindexにおいてはしっかりと状況把握を行いながら実施しなくてはなりません。

グーグルが質が低いというページを見よう

グーグルが質が低いというページ

基本的には現在のSEOにおいては、質の高さが大切だと言われており、この質の高さというのは、グーグルの考える質の高さになっております。

そのため、基本的にはホームページのSEO効果がなかなか出てこないと、ホームページ内にあるすべてのページをもう一度読んでみて、そしてそのページをリライトすることがありますが、この作業はあまり意味があるとは思えないのです。

どういうことかというと、もちろんその作業によって、そのページが上位表示するキーワード数が増えるということもあり、アクセス数が増えることもあるにはあるのですが、しかし最も大切な、グーグル自身がこのページは価値がないからindexさせないというページをそのままにしているとホームページ全体のSEO効果に影響を与えることがあるためです。

そしてこれらを行うことは本当に難しいものですが、しっかりと対策建てて行うことが重要になっており、基本的には目視の確認ではなく、グーグルサーチコンソールの「クロール済み-インデックス未登録」を改善していくことが重要になるのです。

このようにホームページ制作で質の低いページにはしっかりとnoindexあるいは削除することで、御社のSEO効果は本当に向上することが可能なのです。

noindexすると順位が下がることもある

noindexで順位が落ちる

このように基本的にはグーグルは「インデックス未登録」のページを表示してくれるため、グーグルサーチコンソールを見れば、グーグルが価値が低いと言っているページを発見することができるのです。

ただし、その際に1点注意点があり、それは、価値が低いから削除やnoindexをすればいいと安直に考えないことになっております。

これについては弊社も結構昔は安直に考えて、価値が低いページをnoindexにしていたのですが、ほとんどホームページで上位表示を狙う【ホームページ制作 大阪】というキーワードと関係がない新着情報の記事でしてみたところ、弊社のホームページの検索順位が大きく落ちたことがありました。

そのため、弊社では、noindexを行ったのが朝で、夕方には落ちていたので、すぐに戻したのですが、その日の20時ごろに順位が戻ったため、一安心したのを今でも覚えております。

このように基本的には、グーグルは価値が低いページに対してnoindexを推奨しておらず、どちらかというとリライトを行うことで、本当に成果の出るホームページとなるのです。

リライト法は書き直すこと

書き直す

そしてこのリライト法においては、基本的には1から書き直すことが推奨されます。

この作業は確かに非常に面倒くさいですが、しかし今のところこれらの作業を行ってマイナス評価を受けておりません。

さらに弊社がこれらを試したのが、最初は新着情報であったのですが、新着情報では弊社は1500文字のノルマを持って更新していたので、膨大な文字数の記事になっておりました。

この記事を500文字にリライトしてみたところ、すべてではないにしても、インデックス未登録は消えたという事例もあるのです。

そしてさらに大きなメリットとしては、新着情報は文字を書けばインデックスされるものではないと理解をしたことであり、そのため、今後更新するときの労力が格段に下がったものになっております。

このように基本的には弊社では記事ページのnoindexや削除はしておらず、仮に新着情報であってもリライトをしっかりと行うことで本当に成果の出るホームページ制作としているのです。

また、ブログ記事などの一般的に文字数の多いページは、文字数を同じくらいで一から記事を作成し直しており、これらもマイナス効果がなく、現状で言えばまだグーグルの認識が終わっていないのか、インデックス未登録のママになっております。

記事ページのnoindexはやめよう

ページのnoindexは駄目

もちろんnoindexしたほうが良いコンテンツもあるのですが、そのコンテンツは、一覧ページになっております。

このような一覧ページにおいては、基本的には動的に生成されているので、改定のしようがないというのが正直なところになっており、もし一覧ページがグーグルに価値がないと表示されていれば、noindexを考えなくてはなりません。

ただし、このnoindexについては、例えばブログでカテゴリーごとの一覧とアーカイブごとの一覧があった場合、おそらくですが、アーカイブを消す、あるいはnoindexとすることで、類似コンテンツが一気になくなるため、カテゴリーは自動的に低品質ではなくなることがあるのです。

そのため、この一覧ページについては、効果測定の期間が必要で、大体ですが1ヶ月か2ヶ月程度の期間を開けてから対策を行うことで、御社のホームページは飛躍的に効果的になるのです。

記事ページのnoindexは絶対に行っては駄目で、しっかりとリライトを行うようにすることで、本当にSEOで成果の出せるホームページとなるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加