ホームページ作成

Linktreeの登録をしよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Linktreeの登録

Linktreeというサービスをご存知でしょうか。

こちらのサービスは結構手軽に制作することができる他、実はこれらのサービスを利用することで、被リンクの獲得ができる他、ソーシャルメディアのように一つしかリンクが張れない場合に、こちらのアドレスを張ることで、Linktreeページに訪れてもらい、そこからすべてのページのリンクを見てもらうことが可能になります。

ただこのLinktreeでは1つだけ問題があり、それは、説明文が書けないため、シンプルにリンク文言に情報をまとめないといけないことです。

今回は、このLinktreeについてご紹介をいたします。

Linktreeへの登録

Linktreeへの登録

Linktreeへの登録は非常に大切であり、もちろんソーシャルメディアを利用していない、あるいはSEO対策をしていないのであれば、全くの不要なツールになります。

しかしどちらか1つあるいは両方を行われている場合においては、これらのツールを利用することは非常に大切になっており、これらをうまく利用することで、本当に成果を出せるようになります。

Linktreeについては、@sevendesign7|Linktreeが弊社のLinktreeになっております。

このLinktreeでは、基本的には、単純にホームページのURLとタイトルを定めるだけで1ページにはなりますが、リンクが縦に並んでいくものになっており、これらを行うことで、ソーシャルメディアだと複数のホームページを持っている場合に、複数のホームページを紹介ができるものになっています。

このように現在の集客手法には最適化されたものになっていて、これらをうまく利用することで、ソーシャルメディアの効果を高めることが可能になります。

そしてさらには、どこまで効果があるかは不明ですが、実はこのLinktreeは、ホームページ制作後に行われるSEO対策にも効果を出すものになっており、しっかりとこれらを運用していくことで御社のホームページは飛躍的に成果を高めることが可能になります。

これらを行うことは決して簡単ではないですが、しっかりと行うことで御社のホームページは本当に成果を生み出し期待以上の効果を得ることが可能です。

ソーシャルメディア効果

ソーシャルメディアと相性がいい

まずこのLinktreeを利用する最大の理由がこのソーシャルメディアになっていると思います。

逆に言えば集客対策をSEO対策に集約している場合においては、実はそれほど重要ではないと言っても過言ではありません。

どういうことかというと、基本的には、Linktreeでは単にリンクが張れるだけのサービスになっています。

このリンクは特に説明文などの記載ができないこともあり、単純にリンクタイトルとリンクを設定できるものになっています。

そしてこのリンクの数はおそらく無制限になっていると思いますが、1つのホームページに大量にリンクを張れることで、ソーシャルメディアなどについては基本的に1つのリンクしか張れないので、複数のホームページ運営を行っていると、リンク数が足りずに十分な告知ができないのです。

そのためLinktreeを制作しておいて、そこから自社のホームページへとリンクを張ることで、すべてのページの情報をユーザに見てもらうことが可能になるので、成果の取りこぼしを抑えることが可能です。

SEO効果もあるかも?

SEOは注意点がある

そして次にリンクが張れるというと、多くの方が被リンク対策になるのではないかと考えると思います。

ただしこの被リンク対策において大切なのは、基本的には、そのホームページの質になってきます。

そして逆にホームページの質が低いリンクはあまり意味がなく、現在であれば、リンクのSEO効果を無効化をしてもらえると思いますが、しかし最悪のケースでは、マイナス評価を受ける恐れもあるのです。

これについては少し説明を補足しておきます。

基本的にグーグルは良質な被リンク以外を無視すると言っておりますが、その理由はもともとが闇雲な被リンク対策を行っていたホームページが多かったためです。

この闇雲な被リンクを行っていた結果、グーグルはこれらの闇雲な被リンクをマイナス効果とするようなバージョンアップを行ったのです。

そうなると質の低いリンクは純粋にマイナス評価になるので、少しずつリンク数は減少したという形になるのですが、しかしこのマイナス評価はマイナスSEOと言われるわざと自社の上位に来ているホームページに対して闇雲な被リンクを行う業者が出てきました。

そしてグーグルはこれらの被リンクをマイナス評価ではなく0の効果にするようにしたのですが、これにより確かに業者は排除できるようになったのです。

ただし、この0の効果というとのは実は1つ気を付けることがあり、それは0にならないこともあるということです。

最悪のケースにおいては、実はマイナス評価を受ける恐れもあるということを理解していく必要があり、特にこのような被リンクはマイナス評価を受ける恐れがあるのですが、それは1つのLinktreeではあまりないものになりますが、被リンク目的に大量にアカウントを開設するとマイナス評価を受けてしまいます。

このようにLinktreeの取扱い方は、意図せずマイナス評価を受ける恐れもあるので、通常の扱い方以外のことをすることは非常にリスクの高いものになっているのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加